早慶を受験するならお受験絵画勉強は絶対必要
都心で私立小学校受験勉強を頑張っている保護者の心理として、早慶以外の小学校を現実路線に見据えて第一志望にしていても、「もしかしてうちの子やってくれんじゃないか」と考えて早慶を併願して日程の折り合いがつけば殆どの方が受験します。
また国立のみ受験するという方も、早慶だけはとりあえず受けておくという方もよくいらっしゃいます。
その方たちが大きな間違いをしていること、それは絵画試験を軽視してしまっていることです。慶應横浜や早稲田実業では毎年のように出題され、絵画のしめる点数割合も20~30%と実はとっても大切な分野なのです。ご自分のお子様がペーパーが良くできるからといって、絵画で点数を落としてしまっては本当にもったいないのです。

お受験絵画勉強を親子だけで取り組むリスク
国立をメインで考えているかたは、 幼児教室に通わないで親子だけでお勉強をされている方もたくさんいらっしゃると思います。その中で、親子だけで小学校受験勉強を取り組む上で、ネット上でも情報が少ないのは絵画です。絵が苦手なご両親であれば子供に絵の見本を作ってあげることもできず、また絵心があるご両親でも、どの程度の完成度にできるようにさせればいいのか、そのような質問をたくさん受けたことがあります。
ここで質問。絵が苦手なご両親様は、ご自身絵が苦手な理由はどうしてでしょうか?これは今日まで生きてきて絵が得意な方々よりも描いた量が少ないから、それが一番の理由です。算数は計算ドリルで、国語では漢字ドリルを使って反復練習をして覚えるのに、楽しかった運動会の絵を家で反復練習して学校の美術の時間にテストで描きあげなさいなんて経験はなかったと思います。それは一人一人の芸術的センスは反復練習で培うものではないという教育的な観点から学校がさせないのかもしれません。そして絵のセンスに長けていない、もしくは絵を描くことに興味のない子供達は大人になるまでに描きあげる絶対量が少なすぎるので絵心が芽生えないまま大人になり、絵で何かを表現することを苦手としてしまうことを人生ずっと引きずってしまうのです。
では絵が苦手なご両親は今直面している小学校受験絵画をどうやって乗り切ればよいでしょうか?簡単なことです。
お子様と一緒にこの絵画コースを受講してください。講義を視聴して、お子様とご両親様が向かい合ってお子様とは別に自分で絵を描いてください。1枚描く度にお子様と共に上達できるのが実感できます。そこから少しずつお子様にアドバイスできるようになります。

この絵は私の生徒が描いてくれた絵です。「どこでもドアで行ってみたいところ、やってみたいこと」という題を7分間で描きあげました。途中「これは何をしている絵ですか」という問いに対して、「恐竜の世界に行って草食恐竜の背中に乗って餌をあげてみたいです。」と答えてくれました。この生徒は統一模試で絵画の分野では満点を取ってきてくれて、みごと青山学院初等部と早稲田実業学校初等部に合格しました。その後の小学校生活の中においても、絵は自分らしさを表現できる大事なスキルとなっております。

絵画上達の鍵は反復練習
我が小学校受験絵画塾での絵の勉強法は反復練習が基本です。計算ドリルのように何度も練習して、1パターンの絵を自分のものにします。そして何十とパターン化させ、頭の中で絵の引き出しをたくさん作って、試験本番では例え初めての題材がでても、自分の頭のなかにあるたくさんの引き出しをいくつか引き出して、それをうまく組み合わせるという少しの応用力で、本番の絵の試験では確実に満点近くをとれる、これが我が塾のねらいです。

どの受験校にも対応させます。
このスキルさえ身につけば、早慶を含む絵画問題が出題されるあらゆる私立、国立小学校入学試験でも対応できるようになります。そして小学校受験絵画塾の絵画カリキュラムはどのレベルのお子様にも対応できるように個別に添削しておりますので安心して受講してください。 この小学校受験絵画塾で絵画を勉強しておくことで、早慶合格の可能性を引き寄せて下さい。

小学校生活でも必ず活かされる絵画スキル
お子様にとってこの小学校受験絵画塾で学ぶことは何一つマイナスなことはありません。小学校受験絵画塾で学んだ絵画スキルは小学校に入ってからも美術の中で絵を描くにあたり必ず活かし続けます。
まずはぜひ無料体験学習を通してお子様に絵が描けることの楽しさを感じさせてあげてください。

試験本番では制限時間内に描き上げることが必要
入学試験では上で記載されてある程度の絵を、その場でお題を与えられ早稲田なら約7分、もう少しゆっくり描かせる慶応横浜でも10分以内で描かせます。今のご自分のお子さんには到底無理!と考えられるご両親がほとんどだと思います。でも小学校受験勉強会絵画コースで毎週与えられた課題をこなしていけば確実に絵画表現力は上達します。
早稲田実業初等部によく出題される実生活によく見られる光景の絵から、慶應の絵画と製作を盛り込んでお子様が楽しんで取りくめる題材の両方を取り組んでいきます。 学校によっては出題傾向として、生まれ月のグループで絵と粘土に分ける年が見受けられるので、突然のサプライズにも対応できるように年間を通して色々な課題を工夫して配信していきます。